豊田合成、電動化対応製品など展示予定…人とくるまのテクノロジー2022名古屋

豊田合成 ブースイメージ
  • 豊田合成 ブースイメージ
  • サステナブルマテリアルカー
  • BEV対応フロントパネル
  • 高圧水素タンク

豊田合成は、6月29日から7月1日までポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2022」に出展し、カーボンニュートラルや電動化に対応した製品・技術などを紹介する。

カーボンニュートラル対応として、「製品のライフサイクル(原材料調達、生産~リサイクル・廃棄)でのCO2削減」の取り組みを紹介する。また、電動化技術ではEV(電気自動車)に対応した「フロントパネル」や、FCEV(燃料電池自動車)向けの「高圧水素タンク」を展示。また、エアバッグなどの生産時の端材を活用したリサイクル商品(Re-S)や同社製のUV-C(深紫外線)LEDを用いた除菌関連商品も展示する。

サステナブルマテリアルカー
脱炭素・循環型社会の実現に寄与する車の内装コンセプト。ゴム・樹脂の「リサイクル材」「バイオ材(植物由来素材)」などをコックピット部品に活用する。

BEV対応フロントパネル
新たな車の顔となる樹脂製パネル。EVらしい先進的な「意匠性」と先進運転支援システムを支えるミリ波レーダやLiDAR(近赤外線)の「透過機能」を両立させていり。

高圧水素タンク
FCEVの主要部品の1つで、水素を高圧(約700気圧)で圧縮して効率的に貯蔵する。



《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集