『DS 3 クロスバック』が初の大幅改良へ、ラインアップはそのまま?見た目の変化は

DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ステランティスの「DS」ブランドがラインアップするコンパクト・クロスオーバー『DS 3 クロスバック』の改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

DS 3 クロスバックは、DSオートモービルが2009年から販売していたBセグメント・3ドアハッチバック&セミオープンカー『DS 3』の後継モデルとして2019年に登場。これが初の大幅改良となる。

DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

捉えたプロトタイプは、フロントエンドをがっちりとカモフラージュ。そのディテールを確認するのは不可能だ。しかし、バンパーに取り付けられた垂直LEDデイタイムランニングライトが、新型『DS 4』にインスパイアされた、2ストライプのデザインに進化していることが確認できる。ヘッドライトのアウトラインに変化はなさそうだが、内部グラフィックが新設計されているように見える。

さらにグリルは拡大され、下部のエアインテークに連なるシングルグリルが採用される可能性がありそうだ。後部はカモフラージュがなく現行型と同じデザインだが、今後LEDテールライトのグラフィックを初め、バンパーやホイールデザインがリフレッシュされる可能性がある。ボディカラーの追加も期待できそうだ。

DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)DS 3 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

「CPM/eCMP」アーキテクチャ(CommonModularPlatform)を採用するのは変わらず、ターボチャージャー付きの1.2リットル「ピュアテック」ガソリンエンジン、1.5リットル BlueHDiターボディーゼルエンジン、および「E-Tense」エンブレムを備えたEVがキャリーオーバーされると予想される。

DS 3 改良新型のデビューは、2023年内と予想される。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集