カーシェア「ストリカ」、名古屋ステーションのサービス拡充…3台を追加配備

ストリカ 名古屋ステーション
  • ストリカ 名古屋ステーション
  • ストリカ 名古屋ステーション
  • ストリカ 名古屋ステーション
  • STORYCA(ストリカ)
  • キャンプ道具をパッケージした手ぶらで楽しめるファミリーキャンプストーリー
  • キャンプ道具をパッケージした手ぶらで楽しめるファミリーキャンプストーリー
  • キャンプ道具をパッケージした手ぶらで楽しめるファミリーキャンプストーリー
  • デュオキャンプストーリー

アルパインマーケティングは、昨年9月に開始したカーシェアリング事業「STORYCA(ストリカ)」の名古屋ステーション(名古屋市名東区)に3種のストーリーを追加配備し、予約受付を6月10日より開始する。

ストリカは、アルパインの最新カーナビやサウンドシステムなどに加え、「目的別」の道具や装備をセット・パッケージにした新しいカーシェアサービス。目的別を「ストーリー(ユーザーにとっての物語)」と位置づけ、さまざまなプランを用意する。

今年4月にオープンした名古屋ステーションでは、これまで家族5名での利用を想定した「ファミリーキャンプストーリー」として、テントやイス、寝袋やクーラーボックスなどを搭載した三菱『デリカD:5 CAMP仕様車』を提供していたが、今回新たに「デュオキャンプ」「ポタリング」「モービルオフィス」の3つのストーリーを用意する。

デュオキャンプはファミリーキャンプ同様、必要な道具をすべて標準装備。車両は日産『エクストレイル』にルーフトップテントを装備し、パートナーとの2人キャンプ仕様にコーディネートしている。ポタリングはトヨタ『アルファード』をポタリング仕様にコーディネート。車両に折りたたみ式電動自転車2台を搭載する。モービルオフィスも同じく、トヨタ『アルファード』をモービルオフィス仕様にコーディネート。ポケットWi-Fiやサブディスプレイ、Google TVや多機能セカンドシートコンソール&デスクなどを装備し、クルマの中を快適なオフィスとして利用できる。

料金は1泊2日(30時間)のモデルケースでファミリーキャンプが4万5000円、デュオキャンプが4万円。ポタリングとモービルオフィスは12時間利用のモデルケースで各2万円となる。



《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集