太陽電池モジュールの変換効率、世界最高を更新…EVに搭載へ シャープ

世界最高となる変換効率32.65%を達成した太陽電池モジュール
  • 世界最高となる変換効率32.65%を達成した太陽電池モジュール
  • 電気特性測定のために枠に固定され平坦化された太陽電池モジュール

シャープは6月6日、NEDOの「移動体用太陽電池の研究開発プロジェクト」で、実用サイズの軽量、フレキシブルな太陽電池モジュールで世界最高の変換効率32.65%を達成したと発表した。

試作した化合物3接合型太陽電池モジュールは、軽量、フレキシブルな特長を兼ね備えており、高効率化と軽量化が求められる電気自動車(EV)など、さまざまな移動体への搭載を見込んでいる。

モジュールの変換効率は、同社が2016年にNEDOのプロジェクトで達成した世界記録31.17%を更新した。

今後、太陽電池モジュールの高効率化、低コスト化に関する研究開発を進めて、2050年カーボンニュートラル実現に向けて、移動体分野における温室効果ガス排出量削減に貢献していく。


《レスポンス編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集