メタバースはクルマ体験の新しい入口…BMW×TOKYO FM

BMWの井上朋子氏
  • BMWの井上朋子氏
  • BMW メタバースラジオ公開生放送 体験会
  • TOKYO FM Holiday SPECIAL Drive through the New World~#JOY MOVES ME~

BMWが、TOKYO FMとのコラボレーションで、メタバース空間からのラジオ番組「TOKYO FM Holiday SPECIAL Drive through the New World~#JOY MOVES ME~」を4月29日、公開生放送でオンエアする。

番組では、パーソナリティの浜崎美保がMetaが提供するメタバースサービス「Horizon Workrooms」とVRヘッドセット「Meta Quest 2」を使って、予め募集された番組リスナーとメタバース内で交流しながら、生放送を行い、その模様をYouTubeライブでも配信する。

今回のこの企画の意図について、ビー・エム・ダブリュー株式会社ブランドコミュニケーション・マネージャーである井上朋子氏にうかがった。

---:今回、BMWがメタバースでラジオという取り組みを行った理由は?

井上氏(以下敬称略):メタバースという取り組み自体に新しさや先進性があって、同時に我々が今一番推してる電気自動車の先進性や「これからのクルマ」みたいなところと親和性が非常に高かったからです。

それとラジオはクルマのドライバーで聞いている方が多いメディアでもあり、そこの親和性も鑑みて、今回この「ホリデースペシャル」でコラボレーションさせていただきました。

---:この企画の発想はBMWと、Tokyo FMのどちらから出てきたのでしょうか。

井上:元々Tokyo FMとMetaの方で動きがあって、「ホリデースペシャル」は我々が提供する番組なので、一緒にやらせていただくことにして、番組の中身や今回のような体験会とかPR効果については後でプランを描いていきました。

---:今後、メタバースにどのようなことを期待されますか?

井上:我々がやるかは別として、メタバースはいろんなことができるだろうと期待しています。実は私自身もトライアルでなんですけど、マイクロソフトのHoloLens2を使ったMR(Mixed Reality:現実空間にCGを投影し、そのCGを手で操作できる)のコンテンツを試験的に作ったことがあるんです。

クルマにはいろんなセンサーやカメラを搭載しています。それらを(何のためにどこに積んでいるかを)可視化するというか、HoloLens2のヘッドセットをつけてクルマにMRでCGを投影したら、どういう仕組みで安全性能を実現しているかが判るみたいなコンテンツです。

でも実際にそれを全国に広げようとなると、コンテンツの開発に非常にコストがかかるので、予算的に難しかった。制作期間も非常に長く半年くらいかかりました。半年でもミニマムくらい。半年かかると昨今いろんな情勢の移り変わりが激しいので、ビジネスの状況も変わっちゃう。

その辺を短縮して、コストが安くフットワークの軽い取り扱いやすいデバイスというか、ガジェットになればいいなとは思っています。

---:マイクロソフトのHoloLens 2は非常に高価なので、今回のQuest2くらいのものだと展開はしやすいかもしれませんね。

井上:今回のような企画だと、エンターテイメント要素の方がおそらく強いのかなと。先ほどのHoloLens 2みたいに、本当に車を購入するためのツールとして使うのはもっと先の話でしょうから、その手前で、ちょっとエンタメ性が高くて、でも車との価値観を共有できたり、実現可能かはわかりませんがバーチャルドライビングみたいなものとか、新たに車を体験する別の入り口みたいな感じでコンテンツを作れたら面白いのかなと思っています。

TOKYO FM Holiday SPECIAL Drive through the New World~#JOY MOVES ME~
●日時:4月29日(金)13時00分~16時55分
●パーソナリティ:浜崎美保
●ゲスト:SAM(ダンスクリエイター・TRF)、ELLY/CrazyBoy
●コメントゲスト:中尾明慶
●プログラム
・ELLYによるバーチャルワンポイントダンス
・SAM & ELLYのダンストークセッション
・リアルタイムEV試乗レポート
・GWのオススメお出かけスポット紹介

《根岸智幸》

編集部おすすめのニュース

特集