寒波襲来で国交省が緊急発表---立ち往生防止に向けて

関越自動車道の立ち往生(2020年12月)
  • 関越自動車道の立ち往生(2020年12月)
  • 国土交通省緊急発表
  • 2020年に発生した立ち往生
  • 冬型の気圧配置

国土交通省は12月24日、12月25日以降に大雪が予想されていることから立ち往生の発生を防止するために緊急発表した。

日本の上空に強い寒気が流れ込み、日本付近は12月25日から28日頃にかけて強い冬型の気圧配置となる見込み。このため、北日本から西日本の日本海側を中心に荒れた天気や大雪となるおそれがある。太平洋側でも山地を中心に大雪となり、平地でも積雪となるところがある見通し。

過去にも大雪による車両の立ち往生が発生していることから、国土交通省は十分に警戒するよう呼び掛けており、大雪の場合、不要不急の外出を控えるよう求めている。

ドライバーには、冬タイヤの装着、チェーンの携行と早めの装着の徹底を要請。また、降雪状況で広範囲での通行止めや、結果として高速道路と並行する国道が同時に通行止めとなる場合があるとしている。広域迂回の実施や、通行ルートの見直しなどの協力を求めている。

国土交通省では、冬タイヤの未装着などで立ち往生した事業用自動車に対し、悪質な事例について監査したうえで、安全管理義務違反として事業者を行政処分する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース