【注意】17日夜間から大雪予想、北陸道・金沢森本IC-砺波ICなど通行止めのおそれ…NEXCO中日本

NEXCO中日本は、12月17日(金)夜間から、強い冬型の気圧配置による大雪が予想されていることを受け、降雪による通行止めが予測される道路と区間を告知した。

17日午後以降、降雪による通行止めの可能性がある区間は、北陸道 金沢森本IC~砺波IC、同 木之本IC~武生IC、舞鶴若狭道 若狭美浜IC~敦賀JCT、東海北陸道 白川郷IC~小矢部砺波JCT。

また、12月17日(金)日中から20日(月)日中に降雪が予想される区間は以下の通り。

・東名高速 三ケ日IC~小牧IC
・名神高速 小牧IC~八日市IC
・新東名高速 浜松いなさJCT~豊田東JCT
・伊勢湾岸道 全線
・新名神高速 四日市JCT~甲賀土山IC
・北陸道 米原JCT~朝日IC
・中央道 長坂IC~小牧JCT
・長野道 岡谷JCT~安曇野IC
・東名阪道 名古屋西IC~四日市東IC
・舞鶴若狭道 小浜IC~敦賀JCT
・東海北陸道 全線
・新東名高速引佐連絡路 全線
・名古屋第二環状道 全線
・東海環状自動車道 全線

NEXCO中日本では、不要不急の外出を控え、やむを得ず高速道路を利用する場合は、冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行、広域迂回ルートの利用を呼びかけている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース