電動車いすにもなる可変電動アシストカート『クーポ』、スズキが試験運用開始

スズキ KUPO(クーポ)
  • スズキ KUPO(クーポ)
  • スズキ KUPO(クーポ)

スズキは、浜松市および浜松市花みどり振興財団と連携し、電動アシストカート『KUPO(クーポ)』の試験運用を11月29日から12月下旬まで、はままつフラワーパークにて実施する。

クーポは、歩行を補助する電動アシストカートから、乗って移動できる電動車いすにもなり、生活を支援し歩く嬉しさを提案する「歩く・広がるモビリティ」として開発した活動支援モビリティ。2018年に初代コンセプトモデルを発表して以来、改良を重ね、現在のモデルは4代目となる。

1台で電動歩行補助具と電動車いすの機能を兼ねることや、プロトタイプの段階でモーターショーなどに出展し、反響を参考にしてデザインを磨き上げてきたことが評価され、2021年度グッドデザイン金賞を受賞した。

スズキは体験試乗等を通して、顧客視点の多様な活動支援モビリティの開発に取り組んでいることを紹介するとともに、幅広い顧客より直接意見を募り、クーポや今後の商品開発に結び付けてゆく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース