JR四国の振子特急がごめん・なはり線に入線…「高知横断特急」 12月21・22日

空気バネ式車体傾斜を搭載した2600系の増備断念を受けて2019年、制御付き振子装置を搭載して登場した2700系。
  • 空気バネ式車体傾斜を搭載した2600系の増備断念を受けて2019年、制御付き振子装置を搭載して登場した2700系。
  • 高知県の東西191.8kmを結ぶ「高知横断特急」のルート。

JR四国と土佐くろしお鉄道は11月12日、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線奈半利駅(高知県奈半利町)から同宿毛線宿毛駅(高知県宿毛市)まで、2700系特急形気動車に乗車するツアーを12月21・22日に実施すると発表した。

12月21日は奈半利→宿毛間の「高知横断特急 宿毛号」、12月22日は宿毛→奈半利間の「高知横断特急 奈半利号」として運行され、時刻は、奈半利10時18分頃発~中村15時56分頃着~宿毛16時36分頃着、宿毛10時8分頃発~中村10時44分頃発~奈半利16時28分着。

旅行代金は片道日帰りコースが2万円(グリーン席利用)、1万7000円(普通車指定席利用)。1泊2日の往復コースが3万7000円~4万2000円。

申込みは11月14日10時からJR四国の「旅の予約センター」、ワープ支店、駅ワーププラザ、JR四国ツアーのウェブサイトで受け付ける。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース