「空飛ぶバイク」がデモフライト…価格7770万円で受注開始

XTURISMO リミテッドエディション
  • XTURISMO リミテッドエディション
  • XTURISMO リミテッドエディション

A.L.I.テクノロジーズは10月26日、富士スピードウェイにて、実用型ホバーバイク『XTURISMO リミテッドエディション』発表会を開催。有人走行パフォーマンスを実施した。

A.L.I.が開発するXTURISMO リミテッドエディションは、空間を走行する、今までにない新しい体験を提供するエアモビリティ。インフラ等の整備が不完全な場所の移動など、幅広い分野での活用が期待されるエアモビリティの新たなアイコンとして、プロダクトの第一歩である限定デザインモデルとしてリリースした。

XTURISMO リミテッドエディションは全長3.7×全幅2.4×全高1.5mで重量は約300kg。4基の回転翼を内燃機関+電動で駆動。30~40分の航続時間を実現している。

発表会では、XTURISMO リミテッドエディションの有人走行パフォーマンスおよび販売予定デザインモデルの展示、リアルタイムレンダリング技術による「空の道」公開、京セラによるXTURISMOの走行感覚を体験できるVR機体を展示した。

A.L.I.の片野大輔社長はプレゼンテーションの中で「ホバーバイクの災害時の緊急時利用を可能にすると同時に、平時でのエンターテインメント利用を促進する。社会実装のために、まずはレギュレーション策定のための材料や社会的受容性を高める必要性を感じているが、社会貢献性のある産業として育てていく」と今後の意気込みを語った。

XTURISMO リミテッドエディションの価格は7770万円。200台限定で受注を開始した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース