パナソニック ストラーダ、スタンダードモデルも「HD美次元マップ」で高画質化

パナソニックは、カーナビステーション「ストラーダ」スタンダードモデル4機種を12月中旬から発売する。

ラインアップは200mmワイドコンソール対応のCN-HA01WD/CN-HE01WD、180mmコンソール対応のCN-HA01D/CN-HE01D。いずれも7V型ワイドHD液晶を搭載。CN-HA01WD/CN-HA01Dはカー用品店向け、CN-HE01WD/CN-HE01Dは特定販路向けモデルとなる。

新製品は、地図の解像度を従来比2.4倍に向上させた「HD美次元マップ」を採用。視認性を考慮した配色の新デザインを採用し、文字や道路、自車位置マークが見やすくなった。3D地図での密集したビルも、自車位置マークの周りだけを透過することで、現在地を把握しやすくするなど、地図の見やすさを向上させた。

また、高速CPUの採用で処理能力が大幅に向上。ルート探索に掛かる時間を従来比で半分以下に短縮し、従来モデルの1ルート探索と同等の時間で5ルート探索を可能とした。起動時間も早まり、スムーズに出発可能。操作レスポンスの高速化を図った「ダイレクトレスポンスII」は、サクサク快適に操作できる心地よさを実現している。

直感的な操作をスマートフォン感覚で行えるモーションコントロールも進化した。2点ドラッグの上下で地図の俯瞰度合いを調整し、2Dから3Dへシームレスな切り替えが可能。また、円弧を描くような2点ドラッグ操作で地図を回転させ、色々な方位や方角から地図を見ることができる。

さらに上下判定や自車位置の精度を高めた「ストラーダロケーションシステム」を搭載。1秒間に10回、自車位置を測位し、高速走行でも滑らかに自車位置を表示する。自車位置の正確な測位が困難な駐車場などでも、駐車場の出入口を学習する新アルゴリズムにより、駐車場から走行車線に戻る際に発生しやすい位置ズレを解消。高速道路、一般道、双方の上下判定の精度を高めることで、高架道路と並走する道路で自車位置の精度が向上した。

価格はいずれもオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース