北いわて圏域でMaaS実証事業を実施 10月6日から

岩手県北自動車、ジェイアールバス東北などが加盟する「北いわてMaaS推進協議会」は9月29日、北いわて圏域でMaaS(モビリティアズアサービス)事業を10月6日から開始すると発表した。

サービスでは、北いわて圏域で複数事業者の交通データを一元化、交通機関の検索、チケット予約、デジタルチケットの発行、運賃決済などを、交通手段や運行会社に関係なくワンストップで提供する。利用者は、スマートフォンでのアプリや ウェブサイトを介して利用する。交通情報に加え、エリア内の飲食店、観光施設、宿泊施設などの情報を統合、これら施設と連携した企画商品の予約・決済も可能。

また、デジタルチケットを購入した利用者へのエリア内施設で利用できるお得なクーポンも用意する。

協議会では、今回の事業を通じて北いわて圏域で、コロナ禍の影響により減少している輸送・観光需要、地域経済の回復・拡大や、キャッシュレス決済、デジタルチケット・クーポンによる新たな生活様式に対応したDX推進の効果を創出する。MaaSを通じて公共交通活性化や地域振興・観光振興につなげる。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース