ホンダ、Googleの車載向けコネクテッドサービスを搭載…2022年後半から順次グローバル展開

ホンダは9月24日、Googleと車載向けコネクテッドサービスで協力し、北米で2022年後半に発売する新型車より搭載を開始し、順次グローバルに展開していくと発表した。

ホンダとGoogleは、2015年から自動車業界全体でAndroidプラットフォームの自動車への導入に向けて協力。2016年発売の『アコード』より「Android Auto」の搭載を開始し、スマートフォン機能をドライバー向けに最適化させることで、安全かつ快適に利用できるUX(ユーザーエクスペリエンス)を提供してきた。

今回、Googleとの新たな協業を開始することで、UXをさらに進化させる。具体的には、車内のディスプレイオーディオに「Googleアシスタント」を搭載。メッセージの送信や経路案内、メディアや車両機能、対応するスマートホームデバイスの操作が音声で可能となる。また、ナビゲーション機能はスマートフォン等で使い慣れた「Googleマップ」に統合。Googleに話しかけることで、自宅までのナビゲーションや到着予定時刻の共有、最寄りのガソリンスタンドやEV充電スタンドの検索、店舗の営業時間の確認などが簡単、安全に操作可能となる。さらに「Google Play」でお気に入りのアプリを簡単に楽しんだり、ダウンロード。車内から直接、音楽やポッドキャスト、オーディオブックを聴くことが可能となる。

ホンダは同車のコネクテッド技術とGoogleの先進技術のコラボレーションにより、「移動」と「暮らし」をシームレスに繋ぎ、ドライバーに寄り添う車載ソリューションを提供していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース