日野の中型バス『メルファ』一部改良…安全装備を拡充、ICTサービス対応でビジネスも支援

日野自動車は、中型バス『メルファ』を改良し、安全装備を大幅に拡充して10月1日より発売する。

今回の改良では、PCS(プリクラッシュセーフティシステム)、VSC(車両安定制御システム)、ドライバー異常時対応システム(EDSS)といった安全装備を標準装備し、万が一の事故防止に貢献する。

PCSは衝突の可能性がある場合には警報ブザーとディスプレイ表示で警告を発し、ブレーキを踏まない場合には減速して衝突回避を支援する。VSCはカーブでの車線からのはみ出し(ドリフトアウト)や横転、滑りやすい路面でのスリップやスピンなどの抑制に寄与するため、警報音、エンジン出力制御、ブレーキングにより、ドライバーの危険回避操作をサポートする。EDSSは車両走行中、乗務員に異常が発生した際に、運転席または車内の非常ブレーキスイッチを押すことで徐々に減速し車両を停止させる。このほか、車線逸脱警報やオートヘッドランプも装備する。

また通信端末を標準搭載し、車両稼働情報をベースにビジネスを支援するICTサービス「HINO CONNECT」に対応。車両1台1台を最適な状態に保つためのサービスを提供する。

価格はロイヤルサルーン(35人乗り)が2312万7500円、デラックス(45人乗り)が1845万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》
【画像】日野の中型バス『メルファ』一部改良…安全装備を拡充、ICTサービス対応でビジネスも支援(1枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース