スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで

SUBARU(スバル)は9月17日、群馬製作所の本工場・矢島工場および大泉工場の操業停止期間を再度延長すると発表した。

スバルでは9月1日、取引先から調達している部品の一部で供給に支障が出る見込みとなったため、3工場の操業を9月7日から10日まで停止すると発表。9月6日には、部品の供給状況を踏まえ、9月13日~17日(5稼働日)も操業停止とすることを発表していたが、さらに9月20日~22日(3稼働日)も操業を停止する。

群馬製作所本工場は『レヴォーグ』『インプレッサ』『XV』『WRX』『BRZ』を、矢島工場は『レガシィ』『インプレッサ』『XV』『フォレスター』を生産。大泉工場はエンジンおよびトランスミッションを製造している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース