マティアス・シェーパース氏、アウディとVWの日本法人社長兼CEOを兼務

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、9月30日付けでティル・シェア社長兼CEO(55歳)が退任し、アウディジャパンのマティアス・シェーパース社長(45歳)がVGJの社長兼CEOを兼務する役員人事を発表した。

シェーパース氏が両社のポストを兼務する人事は、日本におけるフォルクスワーゲン(VW)、アウディ、ベントレー、ランボルギーニ ブランドを近い将来、世界各国のグループ販売法人同様、各ブランドの専任のマネージメントに率いられながら、一つのグループ販売法人の下に再編する計画に沿ったもの。

ティル・シェア氏は2016年3月にVGJの社長に就任。5年7か月の在任中に中期戦略「Road to 2020」を定め、顧客満足度向上に取り組んできた。また、2018年に導入を開始したクリーンディーゼルモデルを市場に定着させ、その後はスモールおよびコンパクトサイズのSUVを拡販。今年は、春より過去最多となるモデルを市場投入する製品攻勢を仕掛けるなど、日本におけるVWの躍進を牽引してきた。なお、シェア氏は10月中旬にアウディ フォルクスワーゲン コリアのグループ マネージングダイレクターに就任する人事が決定している。

一方、アウディジャパンとVGJの社長兼CEOを兼務するマティアス・シェーパース氏は、2002年にアウディAG(ドイツ本社)に入社。日本語とドイツ語を母国語とし、アウディ本社日本地区担当マネジャー、アウディ ジャパン営業本部長兼ネットワーク開発部長、アウディジャパン販売社長などを歴任。2018年9月よりアウディフォルクスワーゲン台湾の社長として、台湾のフォルクスワーゲングループ販売法人社長とアウディ ブランドの責任者を務め、今年9月1日にアウディジャパンの社長に就任している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース