自慢のカスタムカーがホットウィールになる! 「レジェンドツアー」日本初開催 10月17日

マテル・インターナショナルは、カスタムカーイベント「ホットウィール・レジェンドツアー」を10月17日、愛知県国際展示場(AICHI SKY EXPO)で初開催する。

『ホットウィール』は、1968年に販売を開始した販売台数世界一の米国ダイキャストカ―ブランド。発売以来、60億台を製造し世界中の子どもに親しまれ、現在ではコレクターアイテムとしても発展し、大人から子どもまで、幅広い年齢層に支持されている。

ホットウィール・レジェンドツアーは2018年に米国で始まったカスタムカーの大会だ。各地域の予選を勝ち抜いた1台は、2021年11月に開催される世界大会セミファイナルに参加。セミファイナルを通過したのち、決勝のグランドフィナーレを勝ち抜いた1台は、ホットウィールブランドの商品として1:64のダイキャストカーとして世界中で発売される。現在、世界15か国でホットウィール レジェンドツアーが開催され、世界中のカスタムカーファンが自分の愛車が世界中で知られるチャンスを求めて参加している。

そして、今年日本での初開催が決定。ホットウィール・レジェンドツアージャパン 2021では応募車両の中から厳選した5台をオンラインで審査、イベント当日は事前収録された審査会の様子の上映および、「レジェンドツアージャパン」優勝車両の発表・表彰を行う。

<おわび> 当初、カスタムミニカーのイベントと記載しておりましたが、誤りでした。カスタムカーをミニカー化するためのコンテストで、エントリーする車は実車です。訂正して再出力しました。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース