ダイハツの総販売台数は18.6%増の38万6933台、コロナ禍前水準の9割まで回復 2021年上半期

ダイハツ工業は7月29日、2021年上半期(1~6月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界販売台数は前年同期比18.6%増の38万6933台で2年ぶりのプラスとなった。

ただし、2019年上半期(43万3864台)との比較では10.9%減。回復はコロナ禍前の水準には至っていない。

国内販売は同17.3%増の31万9160台で2年ぶりのプラス。海外販売は同25.5%増の6万7773台で3年ぶりに前年を上回った。

世界生産台数は同28.0%増の69万9068台で2年ぶりのプラスとなった。国内生産は同19.4%増の49万6261台で2年ぶりのプラス。海外生産も同55.6%増の20万2807台で2年ぶりのプラスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース