日本電産、台湾ホンハイグループとEV用モーター合弁会社設立を検討

日本電産は7月21日、台湾企業で電気自動車(EV)事業参入する鴻海科技集團(ホンハイ)と、傘下の鴻華先進科技と3社間で、合弁会社設立に向けて検討することで合意したと発表した。

日本電産は今年3月、ホンハイグループでEV事業を手がける鴻華先進科技との間でEV駆動用システムの開発に関して戦略提携で合意し、トラクションモータシステム「E-アクセル」を搭載した製品を供給するため、共同開発してきた。

今回、次のステップとして供給体制の準備段階へ移行するのに向けて合弁会社設立を検討する。合弁会社の設立によって鴻海科技集團と鴻華先進科技はトラクションモータやその他自動車用のモータを安定調達し、日本電産にとっては新たな市場、客先へ販売を拡大するのが目的。

3社は2021年12月末までに合弁会社設立契約の締結に向けて事業化調査して契約を交渉する。合弁会社は台湾に、2022年内の設立を目指す。

日本電産はステランティスともEVの駆動用モーターの合弁事業を展開している。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース