ヤマハ発動機、フィッシングボート『F.A.S.T.23』を刷新…航続距離拡大など

ヤマハ発動機は、釣りやすさと機能性に定評のあるフィッシングボート『F.A.S.T.23』をマイナーチェンジし、2021年10月に発売する。

近年、人々のアウトドアレジャーへの関心が高まる中、マリンレジャー市場も活況を呈している。同社ボート免許教室の受講者数も前年を上回り、レンタルボートクラブの入会者数も増加するなど、エントリー層の関心の高さが伺える。

F.A.S.T.23は、優れた走行性能、安定性と風流れ抑止性能に加え、釣りのしやすいデッキレイアウトなど機能性に定評のあるフィッシングボートのロングセラーモデル。こうした市場動向の中、F.A.S.T.23のマイナーチェンジを行い、エントリー層にも人気のフィッシングシーンにおいて釣りやすさ・機能性を提供する。

今回のマイナーチェンジでは、洗練されたインパクトのある外観プロフィールを採用した。ガンメタリックカラーのハードルーフとデザイン性の高いウインドウを備えたハードトップ(操縦者のいるコックピット部分)に加え、ハル(艇体)は新グラフィックとしエクステリアに変更を加えた。また、燃料タンク容量を従来の75リットルから100リットルに増量することで航続距離を伸ばしている。

価格は90馬力仕様が408万9800円、115馬力仕様が424万6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース