ボッシュ、燃料電池車向け部品の長期供給契約を締結…ダイムラーとボルボの合弁と

ボッシュ(Bosch)は6月17日、ダイムラートラックとボルボグループの合弁会社「セルセントリック」との間で、燃料電池車向けの電動空気圧縮機の長期供給契約を締結した、と発表した。

燃料電池は、水素を大気中の酸素と反応させて、水と熱、電気エネルギーを生み出す。ろ過された空気を供給する電動空気圧縮機は、燃料電池システムの主要なコンポーネントのひとつだ。

ボッシュは、20kWと30kWの2種類の電動空気圧縮機を用意している。30kW仕様の定格電圧は450~850V、20kW仕様の定格電圧は250~450Vまたは450~850V。コンプレッサーホイールは10万rpm以上の速度に達する。

セルセントリックは、ボッシュの電動空気圧縮機を、ダイムラートラックやボルボグループの大型トラック向けの燃料電池システムで使用する予定。ボッシュは2020年代の半ばをメドに、電動空気圧縮機の大規模生産を開始する計画だ。

ボッシュは、水素にはエネルギーとして明るい未来があると見ており、この分野に大型先行投資を行っている。2021~2024年にかけて、ボッシュは燃料電池関連に約6億ユーロを投資している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース