アストンマーティンの赤字が縮小 日本の新車販売は2.2倍に 2021年第1四半期決算

アストンマーティン(Aston Martin)は5月6日、2021年第1四半期(1~3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は2億2440万ポンド(約340億円)だった。前年同期の8880万ポンドに対して、およそ2.5倍と伸びた。

一方、第1四半期の最終損益は、1530万ポンド(約23億円)の赤字。前年同期の6790万ポンドの赤字から、赤字幅が縮小している。

赤字の縮小は、新車販売の回復による部分が大きい。2021年第1四半期の世界新車販売台数は1353台。前年同期に対して、およそ2.3倍と伸びた。全体の55%を、SUVの『DBX』が占める。日本では第1四半期、137台を販売。前年同期に対して、およそ2.2倍と伸びている。

アストンマーティンのトビアス・ムアースCEOは、「第1四半期の業績に満足している。収益性と流動性の改善に向けて、順調な成長を遂げ、期待に沿った結果だ」と述べている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース