ZMP、リアルタイム物体検出ツールを提供開始…自動運転開発用

ZMPは4月8日、同社の自動運転/AI技術開発用ロボットカー『RoboCar 1/10X』向けに、ディープラーニングによるリアルタイム物体検出ツールの提供を開始した。

RoboCar 1/10Xは、高性能なNVIDIA Jetson Xavier開発者キットを採用した実車1/10スケールのロボットカー。2020年12月の発売以来、自動運転・AI技術の開発や研修・教育用途で自動車/部品メーカー、大学等研究教育機関にて利用されている。

今回、ソフトウェア開発環境(SDK)の最新版として、物体検出アルゴリズムの一つであるSSD(Single Shot MultiBox Detector)を活用した物体検出ツールの提供を開始した。NVIDIA Jetson Xavier開発者キットの高い処理能力により、カメラ映像に含まれる複数の物体をリアルタイムで検出しながら走行できる。ユーザーは、研究開発の目的に応じて、任意の対象物を学習させ、検出アルゴリズムを構築。本ツールで前方車両を検出し、RoboCar 1/10Xに搭載されているLiDARで距離を計測し、ACC(車間距離維持走行)や回避を行うなど、ADAS・自動運転技術の研究開発に活用できる。

RoboCar 1/10Xは、ソフトウェア開発環境込みで通常価格180万円(税抜)、アカデミック価格144万円(税抜)にて発売中。本ツールを含む、RoboCar 1/10Xのソフトウェア開発環境の最新版はRoboCar 1/10X本日より提供を開始する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース