富士急シティバス、リアルタイム混雑情報提供システムなど導入へ

富士急グループの富士急シティバスは、運行する路線バス94台に、新たにバスロケーションシステム「バスキタ!」および「リアルタイム混雑情報提供システム」を4月19日より導入すると発表した。

バスキタ!はメディア・マジックが提供するバスロケーションサービス。バスの運行状況などリアルタイムの各種情報をスマートフォンなどのモバイル端末やパソコンなどで閲覧できる。

また、リアルタイム混雑情報提供システムは、バス乗降口のセンサーにより乗降人数を計測し、バス車内の混雑度を3段階で表示。PC・スマートフォンでバスのリアルタイムの位置情報と車内の混雑情報を確認、混雑したバスを避けることで、乗車率の平準化と遅延防止が期待できる。

富士急シティバスは、バスキタ!およびリアルタイム混雑情報提供システムの導入により、運行中のバスの現在地や停留所への到着予測時刻、遅延情報などの運行状況をリアルタイムで提供。わかりにくかった路線バスのイメージを一新し、利便性を飛躍的に向上させる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース