【フェラーリ SF90スパイダー】価格は5856万円から、デリバリーは2021年末からの予定

「スクーデリア・フェラーリ創設90周年」を意味し、2019年のF1マシンにも使われた名称を受け継ぐフェラーリの公道向け市販車『SF90ストラダーレ』。

4月1日に日本初公開がおこなわれた『SF90スパイダー』はそのオープンモデルだ。ルーフはアルミ製で、クローズドボディのSF90ストラダーレに対する重量増はわずか100kgに抑えている。その重量増は“最小限”といっていいだろう。

V8ターボエンジンにモーターを加えたプラグインハイブリッドカーで、合計出力は1000ps。その常識外れのパワーを生かし、停止状態から100km/hまでの加速はわずか2.5秒。最高速度は340km/hに到達する。

「SF90スパイダーはフェラーリのスポーツモデルのトップであると同時に、汎用性がある。なぜなら、リトラクタブルトップがあるからだ。オープンエアの高揚感をもたらしてくれる」とフェラーリ・ジャパン代表取締社長であるフェデリコ・パストレッリ氏は説明する。

気になるのは日本における価格とデリバリーが始まるタイミングだが、フェラーリ・ジャパンによると「価格は5856万円(税込み)から。デリバリーは順調にいけば2021年年末から」という。

ちなみに、イタリア本国での価格は消費税22%込み47万3000ユーロ(2021年4月のレートで約6160万円)。かなりの高嶺の花だが、税込みで比べると、日本は控えめなプライスタグといえる。ちなみに今回公開された車両は欧州仕様の試作車で、このイベントの後には欧州へ戻されるそうだ。

出力1000ps、オープンボディのハイブリッドスーパーカーが日本上陸
搭載位置の低さに驚く! オープントップだけどエンジンが見える
初のPHV、リトラクタブル・ハードトップ仕様[詳細写真37枚]

《工藤貴宏》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース