【フェラーリ SF90スパイダー】出力1000ps、オープンボディのハイブリッドスーパーカーが日本上陸

「できるだけ前へ進みたい」

「想像を超えたモデル」

2020年11月にオンラインでワールドプレミアされた、フェラーリ『SF90スパイダー』。4月1日に初の日本公開が行われ、フェラーリ・ジャパン代表取締社長であるフェデリコ・パストレッリ氏は同車についてそう説明した。

SF90スパイダーは2019年5月にデビューした「SF90ストラダーレ」のオープンモデル。アルミ製のリトラクタブルハードトップを組み合わせ、ルーフ開閉にかかる時間はわずか14秒。走行中も45km/hまでは作動できる構造となっている。

「限定車ではないが、(『F50』や『エンツォ』、『ラ・フェラーリ』などの)歴代スーパーカーモデルに続く存在。前回のラ・フェラーリよりも上を狙います。より速く、そしてより楽しく」(パストレッリ氏)

「SF90」というのは2019年のF1参戦マシンのモデル名。そこに公道向け市販車を意味する「ストラダーレ」を加えたネーミングからもわかるように、SF90ストラダーレはフェラーリの市販車のなかでも頂点の速さを狙うモデルだ。780psを発生する排気量4.0LのV8ツイタンターボエンジンに加えて、合計3つで220psを発生するモーターも搭載したプラグインブリッドカー。合計出力は1000psにもなり、ホンダ『NSX』と同様に前輪を左右独立モーターで駆動する4WDである。

そのオープントップ版となるSF90スパイダーも、開閉するルーフを除けばSF90ストラダーレに準じた仕様だ。今回公開された車両は日本仕様ではなく欧州仕様の試作車とのことだが、日本仕様でも基本的に変わらないという。

価格は5856万円から、デリバリーは2021年末からの予定
搭載位置の低さに驚く! オープントップだけどエンジンが見える
初のPHV、リトラクタブル・ハードトップ仕様[詳細写真37枚]

《工藤貴宏》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース