ブリヂストン、2021年のモータースポーツ活動計画を発表

ブリヂストンは3月4日、2021年のモータースポーツ活動計画を発表。四輪レースでは主にPOTENZAブランド、二輪レースでは主にBATTLAXブランドのタイヤで、トップカテゴリーからアマチュア参加型レースまで、国内外の様々なモータースポーツをサポートしていく。

国内では四輪レースの「SUPER GT」や二輪の「全日本ロードレース」に、海外ではブリヂストングループが2025年までオフィシャルタイヤサプライヤーとして「Firestone」ブランドのタイヤをワンメイクで供給する北米の「インディカーシリーズ」や世界最高峰の二輪耐久レース「世界耐久選手権」などにタイヤを供給。これら国内外のトップカテゴリーレースへのタイヤ供給を通じて、タイヤの技術力向上を推進する。

また、日本国内で行われる「トヨタGAZOOレーシング 86/BRZレース」や「全日本ジムカーナ選手権」、「全日本カート選手権」、「全日本モトクロス選手権」などのアマチュアも参戦可能な参加型レースでもタイヤ供給を通じて、多くの人に「走る楽しさ」を提供していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース