Yahoo! MAP「防犯マップ」冬の防犯対策に活用を

 ヤフーは、12月に入り日が短くなるにつれて、不審者情報がより一層気になる季節になってきたことから、Yahoo! MAPアプリの「防犯マップ」機能を活用してほしいと呼び掛けている。身近な場所で発生する不審者情報を、地図と詳細情報で確認できる。

 Yahoo! MAPアプリの「防犯マップ」は、2018年に提供開始。大きなニュースにはなりにくい、身近な場所で発生する不審者情報(情報提供元:日本不審者情報センター)を、地図と詳細情報で確認できる機能。たとえば、帰宅途中の子どもへの「声かけ」や「つきまとい」、路上での「痴漢」「ひったくり」など、身近な場所で起きている事件を知ることで、危険の回避につながるという。子どもの登下校や塾の送り迎えや買い物時などの安全確保に役立つ。

 情報提供元より24時間以内に登録された不審者情報は、アイコンが赤丸で囲まれ、期間の絞り込みや、自宅付近の情報が簡単に確認できる。また、「防犯マップ」は、日本PTA全国協議会の推薦マークを取得している。なお、「防犯マップ」は、事件だけではなく、最近頻繁に発生している町中での猿やイノシシなどの野生動物の出没情報にも対応。家族で防犯対策について話し合うきっかけにもなりそうだ。

 Yahoo! MAPアプリはiOS版、Android版で提供し、詳細情報の確認には「自宅」の登録が必要となる。事案ごとに、「暴力行為」「わいせつ」「不審者」など、9種類のアイコンで情報を分類しているため、どんな事案が発生したのか、ひと目で確認できる。また、端末の通知設定をオンにしておくと、新着情報を通知で受け取ることができる。

《田中志実》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース