【ホンダ N-ONE 新型まとめ】変わらないことも時には良い?…価格やMTモデルの追加、試乗記

8年ぶりの刷新を受けたホンダの軽自動車『N-ONE』。フルモデルチェンジながらもエクステリアは初代から多くを引き継いだデザインを持つ新型は、プラットフォームと内装を変更しRSグレードにはMTモデルを追加した。

目次

  1. 見た目そのままプラットフォーム一新、6MTも 159万9400円から
  2. 「デザインは変えない」モデルチェンジというチャレンジ
  3. 軽初のFFターボ6MT…「お客様から是非! との声が」寺谷日本本部長
  4. ニッチの世界で表現する世界観、N-WGNとの棲み分けは[インタビュー]
  5. 『スーパーカブ』のように変わらない安心感を…エクステリアデザイナー[インタビュー]
  6. “反転TURBO”ステッカーもキラリ、ネオレトロ?なRS用アクセ[詳細画像]
  7. 【RS 試乗】MTビギナーにもトライして欲しい1台だ…まるも亜希子
  8. 【試乗】「好き」を貫く潔さを肯定してくれる…岩貞るみこ

見た目そのままプラットフォーム一新、6MTも 159万9400円から

ホンダは11月20日より2代目となる新型『N-ONE』を発売する。好評だった外観デザインをほぼそのまま踏襲し、内装やプラットフォームを一新するという斬新なモデルチェンジをおこなった。先進安全装備を充実させ、6MTを採用するモデルも設定。価格は159万9400円から。

N-ONEは1960年代にヒットしたホンダの代表車種『N360』の魂を受け継いだモデル。レトロ感あふれる親しみやすいフロントマスクや、ホンダらしい素性の良い走行性能から、多くのファンを生み出している。新型は『N-BOX』をはじめとするNシリーズ共通のテーマ「Nのある豊かな生活」をもとに、長く使えて飽きがこない、末長く愛せるクルマをめざした。

[続きを読む]

見た目そのままプラットフォーム一新、6MTも 159万9400円から 画像

ホンダ N-ONE 新型(Original)ホンダ N-ONE 新型(Original)

「デザインは変えない」モデルチェンジというチャレンジ

2代目となるホンダ『N-ONE』が発表された。プラットフォームは刷新しながらも、デザインは大きく変えないというモデルチェンジにチャレンジしたという。

第2世代「Nシリーズ」共通のキャッチフレーズは“N for Life”。これは、日本の人の豊かな生活のためにというコンセプトを表している。それを踏まえ、「N-ONEのモデルチェンジにあたりどんな生活が豊かに出来るのかを考えた」と話すのは、本田技研工業四輪事業本部ものづくりセンター開発責任者の宮本渉氏だ。

[続きを読む]

「デザインは変えない」モデルチェンジというチャレンジ 画像

ホンダ N-ONE 新型(手前)と従来型(中)ホンダ N-ONE 新型(手前)と従来型(中)

軽初のFFターボ6MT…「お客様から是非! との声が」寺谷日本本部長

ホンダは11月19日、軽自動車『N-ONE』を全面改良して20日に発売すると発表した。2012年11月登場の初代以来、丸8年ぶりのフルモデルチェンジとなった。月間2000台の販売を計画している。

外観はほぼ初代のデザインを引き継いでの全面改良となった。開発責任者である四輪事業本部ものづくりセンターの宮本渉氏は「安心して長く乗れ、愛着をもてるN-ONEならではのタイムレスデザインにした」と説明した。一方で、プラットフォーム(車台)やエンジンなどのパワートレインはすべて刷新し、パーキングブレーキは電子式を採用した。

[続きを読む]

軽初のFFターボ6MT…「お客様から是非! との声が」寺谷日本本部長 画像

  • ホンダの寺谷公良日本本部長と新型N-ONE
  • ホンダN-ONE新型のRS(ターボ・6速MT車)
  • ホンダN-ONE新型のRS(ターボ・6速MT車)
  • ホンダN-ONE新型の6速マニュアルトランスミッション(イメージ)
  • ホンダの寺谷公良日本本部長(右)と新型N-ONE開発責任者の宮本渉氏

ニッチの世界で表現する世界観、N-WGNとの棲み分けは[インタビュー]

ホンダは軽自動車の『N-ONE』をフルモデルチェンジし、11月20日より発売すると発表した。2代目となるN-ONEは『N-WGN』とともに軽ハイトワゴン市場を担う1台であるという。

ハイトワゴン市場の「王道と個性派」

ホンダは「Nシリーズ」として軽スーパーハイトワゴン市場に『N-BOX』、同ハイトワゴン市場にN-WGNとN-ONEを導入しているが、このハイトワゴン市場は大きく王道のグループと個性派グループの2つに分かれるという。

[続きを読む]

ニッチの世界で表現する世界観、N-WGNとの棲み分けは[インタビュー] 画像

本田技研工業 日本本部 商品ブランド部 商品企画課チーフの矢野達也さん本田技研工業 日本本部 商品ブランド部 商品企画課チーフの矢野達也さん

『スーパーカブ』のように変わらない安心感を…エクステリアデザイナー[インタビュー]

新型ホンダ『N-ONE』は、『N360』をもとにしたタイムレスデザインを纏った先代のコンセプトを踏襲している。ここまで変わらないフルモデルチェンジは稀有だ。そこでなぜその路線になったのか、エクステリア担当デザイナーに話を聞いた。

本質的な“そのものらしさ”

先代N-ONEは、「クルマに名前を付けたり、レースをしたり、生活の道具というよりも行動を共にしたくなるような仲間のように広く受け入れられ、道具を超えた愛される存在になっている」とは、本田技術研究所 オートモービルセンターデザイン室 プロダクトデザインスタジオ研究員の田中丈久氏の弁。

[続きを読む]

『スーパーカブ』のように変わらない安心感を…エクステリアデザイナー[インタビュー] 画像

ホンダ N-ONEの新旧フロントビュー比較(左が新型、右が先代)ホンダ N-ONEの新旧フロントビュー比較(左が新型、右が先代)

“反転TURBO”ステッカーもキラリ、ネオレトロ?なRS用アクセ[詳細画像]

8年ぶりのフルモデルチェンジを受けたホンダの新型『N-ONE』のデビューに合わせ、ホンダアクセスからは個性を引き立てる純正アクセサリーが登場した。軽自動車として初めてFFターボと6MTを組み合わせたスポーティーグレード「RS」には、「ヘリテージ ホンダ コーディネート」として走りを強調する各種アイテムがラインアップしている。

[続きを読む]

“反転TURBO”ステッカーもキラリ、ネオレトロ?なRS用アクセ 画像

  • ホンダ N-ONE 新型 RS ホンダアクセス用品装着車
  • ホンダ N-ONE 新型 RS ホンダアクセス用品装着車
  • ホンダ N-ONE 新型 RS ホンダアクセス用品装着車
  • ホンダ N-ONE 新型 RS ホンダアクセス用品装着車
  • デカール フード つや消しブラック(1万5400円)
  • デカール フロントグリル カーボン(1万2100円)

【RS 試乗】MTビギナーにもトライして欲しい1台だ…まるも亜希子

「RS」は逆境の時代の新しい光

変わっていないように見えて、実はすごく変わっている。2代目となった新型『N-ONE』をひと言で表すなら、そうなるだろう。とくに、全刷新されたエンジン、ミッションを携え、軽自動車で初めてとなるFFターボ+6速MT/CVTを搭載する「RS」が登場したことは、スポーティなクルマに逆境と言われる時代に、新しい光をもたらしたと感じる。

[続きを読む]

【RS 試乗】MTビギナーにもトライして欲しい1台だ…まるも亜希子 画像

ホンダ N-ONE RSホンダ N-ONE RS

【試乗】「好き」を貫く潔さを肯定してくれる…岩貞るみこ

なんといってもデザインがもたらす「世界観」

きゅっとひきしまったシルエット。顔つきはシンプルで見る人によって、かわいくもかっこよくも見える。新型『N-ONE』は私には、すっとぼけたタヌキ顔に見えるけれど、そう連想させる愛くるしい目元は、レンズのなかにウィンカーまで組み込むという技ありのヘッドライトである。

[続きを読む]

【試乗】「好き」を貫く潔さを肯定してくれる…岩貞るみこ 画像

ホンダ N-ONE 新型(プレミアムツアラー)ホンダ N-ONE 新型(プレミアムツアラー)

《滑川寛》

編集部おすすめのニュース

  • 【ホンダ N-ONE 新型】4人のクリエイターとコラボ、ニューレトロな作品を公開 画像 【ホンダ N-ONE 新型】4人のクリエイターとコラボ、ニューレトロな作品を公開
  • ホンダe で箱根を遊んだ…500万円かけてもガソリン車にはこの運動性能はだせない、かも 画像 ホンダe で箱根を遊んだ…500万円かけてもガソリン車にはこの運動性能はだせない、かも
  • 【ホンダ N-ONE 新型】「大事な人を乗せてほしい」という思いから生まれた…インテリアデザイナー[インタビュー] 画像 【ホンダ N-ONE 新型】「大事な人を乗せてほしい」という思いから生まれた…インテリアデザイナー[インタビュー]
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース