ホンダ 山本鯨選手、2年連続3回目のチャンピオン獲得…全日本MX IA1クラス

11月29日、埼玉県オフロードヴィレッジで開催された「2020年 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦 関東大会(最終戦)」にて、ホンダドリームレーシングベルズからIA1(450cc)クラスに参戦している山本鯨選手が2年連続3回目のチャンピオンを獲得した。

今シーズンの全日本モトクロス選手権は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により開幕は8月にずれ込み、全6戦での開催予定だったが、第2戦と第4戦が中止。またIA1クラスは第3戦と第5戦で、決勝(15分+1周)3ヒート制が実施され、全4戦10ヒートでタイトルが争われることになった。

『CRF450R』を駆る山本選手は、第5戦までの8ヒート中、5勝、2位1回、3位2回と、すべてのヒートで表彰台を獲得する安定した走りを披露。2位と31ポイント差のランキング首位で最終戦に臨んだ。

最終戦、山本選手はヒート1で6位となり、ラインキング2位の選手とのポイント差によって、ヒート2の結果を待たずにチャンピオンが決定。続くヒート2では優勝し、チャンピオンに花を添えた。

山本鯨選手のコメント

最終戦ということで硬くなって、ヒート1では思うような走りができませんでした。チャンピオンを獲りたい気持ちや、皆さんに恩返しがしたいという気持ちでヒート1を走りましたが、6位だったのでヒート2で優勝してシーズンを締め括れて大変良かったと思います。

今シーズンは新しい体制にもなり、辛いことも沢山ありましたが、こうして最後にタイトルを獲得できたことに関して、小島監督はじめ多くの関係者の皆様に感謝しかありません。いつも支えてくれているチームスタッフ、スポンサーの皆さま、ファンの皆さまをはじめとした、多くの皆さまの応援にも、本当に感謝しています。来シーズンもチャンピオンを目指して戦っていきますので、引き続き応援よろしくお願いします。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • HRC、ティム・ガイザー選手とミッチェル・エバンス選手の複数年契約で合意…MX世界選手権 画像 HRC、ティム・ガイザー選手とミッチェル・エバンス選手の複数年契約で合意…MX世界選手権
  • 市販モトクロッサーにも「トルクコントロール」搭載、そのねらいとは…ホンダ CRF450R 開発者に聞いた 画像 市販モトクロッサーにも「トルクコントロール」搭載、そのねらいとは…ホンダ CRF450R 開発者に聞いた
  • チームHRC 山本鯨、全日本モトクロス選手権 最高峰クラスでチャンピオン獲得 画像 チームHRC 山本鯨、全日本モトクロス選手権 最高峰クラスでチャンピオン獲得
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース