AIセンサーで交差点でのヒヤリハット度を算出 実証実験を実施へ

画像認識では自動車などをリアルタイムに捉えることが可能
  • 画像認識では自動車などをリアルタイムに捉えることが可能
  • 開発されたAIセンサーユニット

金沢工業大学工学部情報工学科の中沢実教授の研究室は、11月10日に金沢市内の四十万町交差点で、AIセンサーを使った交差点でのヒヤリハット度を算出する社会実証実験を実施すると発表した。

実証実験では画像認識を使って車の交差点への進入速度と退出速度、車間距離を計測し、音響認識によって急ブレーキやエンジン音の変化と方向を認識することで、交差点におけるヒヤリハット度の算出を目指す。

実証実験で検証するシステムは、最先端のAI技術を活用した画像認識技術と音響認識技術をマイコンに搭載したAIセンサーユニットで構成する。自動車やトラック、バス、バイク、自転車、人をリアルタイムに捉えることができるほか、エンジン音やブレーキ音、子供の声などの音がどの場所から、どの音が生じているか把握できる。

児童の登下校時は、地域のボランティアによるスクールサポート隊が交差点等に立って、児童を守る活動が行われているが、高齢化が喫緊の課題として指摘されている。中沢教授は「交差点におけるトラブルが全国的に頻発する中、AIを使った金沢モデルの安心安全対策を構築したい」としている。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース