「MONETマーケットプレイス」オープン…MaaS開発に活用できるAPIを提供

ソフトバンクとトヨタ自動車などの複数の国内自動車メーカーが出資するMONET(モネ)テクノロジーズは9月28日、MaaS(モビリティアズアサービス)システムの開発に活用できるAPIを提供する「MONETマーケットプレイス」を正式オープンしたと発表した。

「MONETマーケットプレイス」は、MaaSシステム開発に活用できる天気・観光・地図情報など、さまざまなデータやオンデマンドバスのシステム、決済システムなどのAPIを提供するもので、企業や自治体のMaaSの実現を包括的に支援するプラットフォーム「MONETプラットフォーム」の一部として提供するもの。

今年4月から「MONETコンソーシアム」に加盟しているシステム開発などを行う企業を対象に「MONETマーケットプレイス」を試験的に提供してきた。

「MONETプラットフォーム」は、車両データや移動データなどを集約するデータ基盤と、「MONETマーケットプレイス」で構成する。

9月28日からウェザーニューズが天気予報、JTBパブリッシングが観光・イベント情報「るるぶDATA」、ゼンリンデータコムが地図・位置情報サービス「いつもNAVI」、オプティマインドがラストワンマイルでの最適配送ルートを計算する「Loogia」などのAPIをそれぞれ提供開始した。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース