ブリヂストン、カート用タイヤ事業から撤退 2022年末で供給終了

ブリヂストンは、2022年末をもってカート用タイヤの供給を終了すると発表した(9月25日)。

ブリヂストンは、1977年にカート用タイヤの供給を開始して以来、国内外向けにカート用タイヤの開発・製造・販売を行ってきた。国内では日本自動車連盟(JAF)、海外では国際自動車連盟(FIA)傘下の国際カート委員会(CIK-FIA)公認のカート用タイヤを中心に、ホビーレースユーザーから将来最高峰の舞台を目指すカートレーサーに至る多くのレーサーを足元から支えてきた。

しかし、同社グループの中長期事業戦略に基づき、事業ポートフォリオや経営資源配分の最適化を進める中で、カート用タイヤ事業から撤退せざるを得ないとの結論に至った。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース