TRI-AD、運用総額8億ドルのグローバル投資ファンドを設立 新事業開発力を強化

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)は9月10日、運用総額8億米ドル(約879億円)のグローバル投資ファンド「ウーブン・キャピタル」を設立すると発表した。

TRI-ADは自動運転技術の実用化に向けた高品質なソフトウェアを提供するため、2018年3月、トヨタ、デンソー、アイシンの共同出資により東京・日本橋に設立。以来、最新の高度運転支援技術「Teammate」の開発を主導するなど、大きな成果をあげてきた。

同社は事業をさらに拡大・発展させるため、2021年1月より持株会社ウーブン・プラネット・ホールディングスおよび事業会社ウーブン・コア、ウーブン・アルファの新体制へ移行することを決定。グローバル投資ファンド「ウーブン・キャピタル」の設立により、ウーブン・プラネット・ホールディングス全体の新事業開発力を強化する。

ウーブン・キャピタルはウーブン・プラネット・ホールディングスの傘下で、革新的なテクノロジーやビジネスモデルを開発している成長段階の企業に投資することで、ウーブン・プラネット・ホールディングスの事業および製品・サービスの成長をサポートする。

投資対象となる領域は、自動運転モビリティ、自動化、人工知能、機械学習、データアナリティクス、コネクティビティ、スマートシティなど。また、ウーブン・キャピタルはアーリーステージの企業を投資対象とするToyota AI Ventures(TAIV)から投資案件を引き継ぐことに加え、グローバルな投資を迅速に実施するため、他のVC(ベンチャーキャピタル)ファンドにも投資していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース