【スーパー耐久 第1戦】富士24時間がスタートするも、豪雨のため3時間で赤旗中断

2020年のスーパー耐久第1戦「NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース」の決勝がスタートしたが、豪雨の影響で開始3時間を過ぎたところで赤旗中断となった。

当初の天気予報ではスタートの段階から雨模様になると言われていたが、曇り空のドライコンディションで24時間レースが始まった。

しかし、開始50分を過ぎたところでコースの一部で雨が降り出すと、開始1時間30分のタイミングで本降りとなり、各車が慌ててウエットタイヤに交換していた。

開始2時間を過ぎたところでレースが再開されるが、ST-XクラスのNo.777 D’station Vantage GT3の右リアタイヤが外れるアクシデントが発生した他、No.888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3はピット作業中にガソリンが引火し火災が発生するなど、早くも大荒れの展開となった。

そして開始3時間を迎えるところで豪雨となり、路面は水につかるような状態と赤旗が出されレースは中断されることとなった。

マシンは全てメインストレート上に停車し、雨対策のためカバーが装着された。しかし、雨脚は弱まることなく、現時点で20時30分まではレースが再開されないことが決定している。

《吉田 知弘》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース