自動車7社通期予想の明暗、黒字=トヨタ、ホンダ、スバル、赤字=日産、三菱、マツダ、スズキは「未定」[新聞ウォッチ]

1~6月、登録車でトヨタのベストセラー、ライズ
  • 1~6月、登録車でトヨタのベストセラー、ライズ
  • スズキ・スペーシア。7月の軽自動車販売で2位。

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

第1四半期の決算会見を取り止めたトヨタ自動車がホームページなどで決算資料を“公開”したことで、自動車大手7社の2020年4~6月期の連結決算が出そろった。

きょうの各紙にも、4~6月期の最終利益が黒字となったトヨタについては、読売、産経、日経の3紙が1面の準トップ記事として「トヨタ、コロナ禍でも黒字」(産経)などと大きく報じたほか、経済面などにも「トヨタ、コロナ下で底力」(日経)、「中国市場回復下支え、先行きは不透明」(朝日)、「トヨタ、純利益1588億円、コロナ禍でも中国けん引」(東京)などと伝えている。

大手7社の4~6月期決算を総括する分析記事では「車大手5社赤字転落」(読売)との見出しが際立つ。それによると、新型コロナウイルスの感染拡大が生産や販売を直撃したため、売上高は前年同期比4~6割減少し、トヨタとスズキを除く5社の最終利益が赤字に転落。通期予想については、トヨタのほか、4~6月期に最終赤字だったホンダとSUBARU(スバル)も米国や中国市場で回復傾向が続くと想定し、21年3月期に最終黒字を確保できると見込んでいる。

一方、コロナ以外にもお家の事情を抱えている日産自動車と三菱自動車、マツダの3社は最終赤字に陥る見通しだ。また、スズキは主力市場のインドの感染動向が不透明として、今回の決算発表でも通期予想を開示できなかった。世界各地で引き続き感染拡大が続けば下振れのリスクも想定されるだけに、スズキの「未定」とした慎重な経営判断はやむを得ぬところか。

2020年8月7日付

●トヨタ黒字確保、最終利益1588億円、売上高4割減、4~6月期(読売・1面)

●車大手5社赤字転落、コロナ直撃、見通しは二分、4~6月期(読売・10面)

●「都外へ帰省、控えて」小池知事、飲酒会食「夜10時まで」(朝日・1面)

●丸紅の元秘書部長、トヨタ入社へ、豊田社長の財界活動本格化?(朝日・8面)

●日産、スペイン工場閉鎖延期(朝日・8面)

●渋谷「青ガエル」秋田に、ハチが生まれた地・大館(毎日・23面)

●任天堂最終益6.4倍、「あつ森」で巣ごもり 4~6月期(産経・3面)

●N-BOX 8か月連続首位、7月の国内新車販売(産経・11面)

●ルフトハンザ、赤字1870億円、需要回復「早くても24年」4~6月最終(日経・11面)

●ヤマハ発最終損益ゼロ、今期、年間配当は75円減(日経・13面)

《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、通期純利益予想を7300億円と公表…第1四半期は74%減益 画像 トヨタ、通期純利益予想を7300億円と公表…第1四半期は74%減益
  • 日産、スペイン・バルセロナ工場を閉鎖へ…4か年計画の一環 画像 日産、スペイン・バルセロナ工場を閉鎖へ…4か年計画の一環
  • 新車販売総合、N-BOX が ヤリス をかわし8か月連続トップ 7月車名別 画像 新車販売総合、N-BOX が ヤリス をかわし8か月連続トップ 7月車名別
  • ヤマハ発動機、最終赤字28億円…コロナ禍で二輪車販売減少 2020年1-6月期決算 画像 ヤマハ発動機、最終赤字28億円…コロナ禍で二輪車販売減少 2020年1-6月期決算

特集

おすすめのニュース