ラストマイル自動運転車のシステムのガイドライン 国交省が策定

ラストマイル自動運転車両システムのガイドライン概要
  • ラストマイル自動運転車両システムのガイドライン概要

国土交通省は7月17日、地域の移動手段確保に貢献する自動運転車両の早期実用化に向けてラストマイル自動運転車両システムのガイドラインを策定したと発表した。

2020年までの限定地域での無人自動運転移動サービスを実現するという政府が掲げた目標達成に向け、最寄駅・停留所と自宅などの目的地を自動運転で結ぶ「ラストマイル自動運転」など、地域での移動手段確保に役立つ自動運転移動サービスの実証実験が全国各地で実施されている。国土交通省では、これらの移動サービスに用いられるラストマイル自動運転車両の開発・実用化・普及を促進するため、産学官の関係者で構成する「先進安全自動車(ASV)推進検討会」がガイドラインを策定した。

ガイドラインは近い将来に実現が見込まれる移動サービスを念頭に、自動運転車が走行する場所や速度、天候などを具体例としてまとめるとともに、走行環境を走行する車両について自動運転車の安全基準への適合性確保にあたって設計時に留意すべきポイントを規定した。

走行環境の具体例として線路跡など、限定された空間での走行や、電磁誘導線など、予め設定された経路の走行、最高速12km/h以下で走行、大雨時を除くなど、周辺監視センサが十分に機能する天候のみ走行などとしている。

留意すべきポイントとして歩行者と安全な間隔を確保または徐行することや、急な進路変更をしない、車内事故に留意した速度で減速すること(緊急時除く)、自動運転継続が困難な場合やシステム故障検知時には自動で安全に停止することとする。また、乗客・乗員の使用を想定した運行停止手段を車内に設置することや、自動運転中であることを周囲に伝達するための外向き表示を備えること、サイバーセキュリティシステムについて代替の安全確保策が実施されることを前提に、基準緩和認定制度が活用できるようにすることなどを挙げる。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 首都高を網羅する自動運転AI用データセット、ZMPが発売 画像 首都高を網羅する自動運転AI用データセット、ZMPが発売
  • BRTの自動運転、JR西日本とソフトバンクが共同開発…隊列走行を可能に 2020年代半ばに技術確立 画像 BRTの自動運転、JR西日本とソフトバンクが共同開発…隊列走行を可能に 2020年代半ばに技術確立
  • ルノー、ラストマイル配達想定の小型EV発表…航続150km 画像 ルノー、ラストマイル配達想定の小型EV発表…航続150km
  • Go To トラベル 開始直前のエンスト、世論調査で大多数『反対』[新聞ウォッチ] 画像 Go To トラベル 開始直前のエンスト、世論調査で大多数『反対』[新聞ウォッチ]

特集

おすすめのニュース