軽自動車新車販売、20.6%減の80万8081台で4年ぶりのマイナス 2020年上半期

ダイハツ・タント
  • ダイハツ・タント
  • スズキ・ハスラー

全国軽自動車協会連合会は7月1日、2020年上半期(1~6月)の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による影響で、前年同期比20.6%減の80万8081台で4年ぶりのマイナスとなった。

車種別では乗用車が同20.5%減の62万7557台で2年連続のマイナス、貨物車は同21.1%減の18万0524台で4年ぶりのマイナスとなった。貨物車のうち、ボンネットバンは同39.6%減の1万9196台で2年ぶりのマイナス。キャブオーバーバンは同20.8%減の8万0056台で2年連続のマイナス、トラックは同15.1%減の8万1272台で2年ぶりのマイナスとなった。

ブランド別では、日産を除く全ブランドが2桁の大幅減となる中、ダイハツが同25.6%減ながら、24万1237台を販売し、14年連続のトップとなった。スズキは同21.9%減の24万0992台。首位ダイハツとの差はわずか245台だった。

2020年上半期 軽自動車新車販売台数ブランド別ランキング

1位:ダイハツ 24万1237台(25.6%減・4年ぶり減)
2位:スズキ 24万0992台(21.9%減・4年ぶり減)
3位:ホンダ 16万2481台(18.7%減・4年ぶり減)
4位:日産 9万9251台(2.3%減・4年ぶり減)
5位:三菱 2万3403台(25.7%減・4年ぶり減)
6位:トヨタ 1万3880台(26.9%減・4年ぶり減)
7位:マツダ 1万6403台(18.0%減・3年連続減)
8位:スバル 1万0400台(21.3%減・3年連続減)

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱自の総生産台数、3年ぶりのマイナス…1.7%減の66万2879台 2019年度上半期 画像 三菱自の総生産台数、3年ぶりのマイナス…1.7%減の66万2879台 2019年度上半期
  • トヨタグループ、世界販売は過去最高の545万4430台で4年連続プラス 2019年度上半期 画像 トヨタグループ、世界販売は過去最高の545万4430台で4年連続プラス 2019年度上半期
  • ダイハツの世界販売、4年連続プラス…3.5%増の40万9791台 2019年度上半期 画像 ダイハツの世界販売、4年連続プラス…3.5%増の40万9791台 2019年度上半期
  • 【日産 ルークス 新型】試乗…万が一の安心感を生み出す「SOSコール」、夜間の視界確保向上に貢献する「AHS」 画像 【日産 ルークス 新型】試乗…万が一の安心感を生み出す「SOSコール」、夜間の視界確保向上に貢献する「AHS」

特集

おすすめのニュース