トヨタ、バーチャル人体モデル「サムス」を無償公開へ…クルマの安全性能向上に貢献

トヨタ自動車は、クルマの衝突事故における人体傷害をコンピューター上で解析できるバーチャル人体モデル「THUMS(サムス)」を2021年1月より無償で公開すると発表した。

サムスは、車両の安全技術の研究や開発を目的に、2000年当時世界初となる車両衝突時の全身の傷害が再現・解析可能なバーチャル人体モデルとして、トヨタと豊田中央研究所が共同で開発。以来、昨年公表した最新のバージョン6に至るまで、骨格・脳・内臓、さらには筋肉を組み込む一方、性別・年齢・体格の異なる様々なモデルを追加するなど、進化を遂げてきた。衝突安全試験に広く利用されるダミー人形に比べ、サムスは衝突による傷害がより詳細に解析できることが特徴。また、様々な衝突パターンを模した解析を繰り返し行うことができ、衝突実験にかかる開発期間や開発費を大幅に抑えることが可能となる。

現在サムスは、100以上の国内外自動車メーカーや部品メーカー、大学、研究機関などでクルマの安全研究に使用され、シートベルトやエアバッグ、歩行者事故時の傷害を軽減する車両構造など、様々な安全技術の研究や開発に活用。また、自動車アセスメント機関による将来的なバーチャル安全性能評価試験の導入計画にて、サムスの活用が検討されている。今回、サムスを無償公開することで、より多くの人にとって、クルマの安全研究に利用可能となるととともに、ユーザー自身でサムスに改良を加え、その成果を他のユーザーと共有するなど、利便性が向上する見込みだ。

サムス無償公開にあたり、先進技術開発カンパニー・フェローの葛巻清吾氏は「サムスは2000年の誕生以来、改良を重ね、貪欲に人体構造の再現とバリエーションの充実に努め、今やトヨタの安全技術・車両開発に不可欠な技術として確立されています。今回、サムスの無償公開に踏み切ったのは、より多くのユーザーに活用してもらい、自動車業界全体でのクルマのさらなる安全性向上、そして交通事故死傷者ゼロの安全な社会の実現の一助になれば、との思いからです。自動運転車など将来のモビリティ社会を想定した開発の現場で広く活用してもらうことを期待しています」とコメントしている。

なお、無償公開の開始に伴い、JSOLおよび日本イーエスアイを通じて行ってきたサムスのライセンス販売は、2020年中に終了する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース