全国200の郵便局、配達状況に応じたリアルタイムルート再計算の大規模試行導入を開始

オプティマインドは、日本郵便およびCBクラウドと、日本郵便における配達状況に応じたリアルタイムでのルート再計算機能の大規模試行導入を2020年6月より開始すると発表した。

オプティマインドは2018年2月に日本郵便主催のオープンイノベーションプログラム「第1回POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」にて最優秀賞を受賞して以来、ルート最適化の観点から日本郵便と配達業務の効率化に向けた共創に取組んできた。同社が提供するルート最適化システム「Loogia」では、配送先の時間指定など、ラストワンマイルならではの制約、収集したGPSデータをAIを用いて解析して得た走行速度や駐車位置を加味した配送ルートを提案する。今回の試行導入では、配送の遅れや、不在による再配達などの配送状況に応じてルートをリアルタイムに再計算する機能を開発し、より最適なルート提案を行う。

CBクラウドが提供する宅配業務効率化ソリューション「SmaRyu Post」は、熟練ドライバーのノウハウを継承する機能を搭載し、宅配業務の自動化・効率化を実現。宅配シーンにおける荷積み・ルーティング/ナビゲーション・配送ステータス管理など、一連の機能を一気通貫で提供し、初心者のドライバーや担当者でも滞りなく業務できるよう支援する。

日本郵便では、物流クライシスによる課題が相次ぎ、新しい外部のアイディアを前のめりに採り入れて現状を打破すべく、スタートアップ企業との共創を進めている。今回の試行導入では、ルート最適化システム「Loogia」と業務効率化システム「SmaRyu Post」を連携。2020年6月より全国約200局の郵便局で順次開始し、「誰もが配達業務で活躍できる環境の実現」を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース