ヤマト運輸とやさいバスが連携…農産品流通サービスを提供、地域経済の活性化

(イメージ)
  • (イメージ)
  • やさいバスとヤマト運輸が連携するサービスのイメージ

ヤマト運輸とやさいバスは6月8日、地域経済の活性化を加速させるビジネスモデルの構築を目的に、やさいバスのシステムとヤマト運輸の宅急便ネットワークの連携による新しい農産品流通サービスを開始したと発表した。

サービスは農産品の生産者と購入者を「つなぐ」システムを持つやさいバスと、日本全国に展開している宅急便ネットワークを持つヤマト運輸が、経営資源を掛け合わせることで、インターネット通販を活用した販路開拓と、送り状の準備など出荷業務効率化を支援する、新しい農産品流通サービスを提供するもの。両社はこうした地域産品の販路拡大支援を通して、地域経済の活性化を加速させるビジネスモデルの構築を目指す。

サービスでは購入者が事前にやさいバスのサイトから会員登録する。購入者から注文を受けた生産者は、やさいバスのサイトに出荷場として登録された宅急便センターに農産品を持ち込む。商品は、ヤマト運輸が宅急便ネットワークで輸送し、購入者が受取拠点として指定したネコサポステーションで最短翌日に農産品を受け取ることできる。

新しい農産品流通サービスの第1弾として、ヤマト運輸のネコサポステーション3店舗(東京都多摩市)を受取店舗として利用可能となる。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 宅急便需要が2割増…巣ごもり生活で ヤマト運輸5月 画像 宅急便需要が2割増…巣ごもり生活で ヤマト運輸5月
  • ヤマト運輸、「置き配」サービスを実施 宅配ボックスを活用 画像 ヤマト運輸、「置き配」サービスを実施 宅配ボックスを活用
  • ヤマト×佐川が共同配送、上高地で開始へ CO2排出量を3割削減 画像 ヤマト×佐川が共同配送、上高地で開始へ CO2排出量を3割削減
  • 佐川/JP/ヤマト、3社共同の村営バスによる貨客混載を開始…全国初 画像 佐川/JP/ヤマト、3社共同の村営バスによる貨客混載を開始…全国初

特集

おすすめのニュース