ヤマト運輸、「置き配」サービスを実施 宅配ボックスを活用

ヤマト運輸がAmazonと組んで置き配サービスを開始(イメージ)
  • ヤマト運輸がAmazonと組んで置き配サービスを開始(イメージ)
  • ヤマト運輸がAmazonと組んで置き配サービスを開始(イメージ)

ヤマト運輸は6月5日、ナスタ、Amazonと連携して宅配ボックスを使った置き配サービスを一部地域で実施すると発表した。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛を受け、個人宅宛の宅配便が増加する中、配達時により安心な荷物の受け取り方法として非対面での受け取り需要が大きく拡大している。ヤマト運輸は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、在宅時の非対面による指定場所配達を2月中旬から開始しているが、盗難被害や個人情報漏洩、荷物の水濡れなどを心配する声もある。

両社はこうした顧客の心配や不安、不便を解消するため、ナスタの宅配ボックスを設置し、非対面受け取り方法の社会への浸透、定着を目指す取り組みを開始する。Amazonで置き配を実施していない戸建て、共働き世帯が多い石川県金沢市の1万世帯のAmazonユーザーに対して宅配ボックスをモニター提供して配送する。

今回の第一弾の取り組みを皮切りに、実際に利用したモニターからのアンケートを踏まえ、両社は配送における非対面受取りの全国的な普及のためにサービスを改良していく。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「置き配」の「現状と実施に向けたポイント」をとりまとめ 経産省と国交省 画像 「置き配」の「現状と実施に向けたポイント」をとりまとめ 経産省と国交省
  • Amazon、玄関への「置き配」を30都道府県で本格展開 再配達削減へ 画像 Amazon、玄関への「置き配」を30都道府県で本格展開 再配達削減へ
  • アマゾン、「置き配」を標準に---再配達率を削減 実証実験へ 画像 アマゾン、「置き配」を標準に---再配達率を削減 実証実験へ

特集

おすすめのニュース