タクシー会社の新型コロナ対策をアプリで紹介 DiDiモビリティジャパン

東京タクシーグループ:車内には間仕切りのビニールカーテンを設置
  • 東京タクシーグループ:車内には間仕切りのビニールカーテンを設置
  • 東京タクシーグループ:乗客の降車後に消毒および換気を実施
  • 第一交通グループ:低濃度オゾン発生装置を車両に搭載
  • 第一交通グループ:低濃度オゾン発生装置を車両に搭載
  • スマートフォンアプリ『DiDi』を起動、ホーム画面上部のタブより「COVID-19」を選択
  • COVID-19の国内感染状況や予防方法、DiDiや提携タクシー事業者各社の取り組みなどが確認できる。

DiDiモビリティジャパンは5月20日、タクシー配車アプリ内にニュースフィードを設置し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の国内感染状況や予防方法、提携タクシー事業者各社の取り組みなどの情報提供を開始した。

世界的に新型コロナウイルスの影響が続く中、同社では利用客に必要な外出の際、安心してタクシーを利用してもらうため、機能を充実させた。新型コロナウイルスの情報が集約されたニュースフィードを設置することで、ユーザーは情報を受け取りやすくなる。タクシー乗車中の空き時間などに利用者に有益な情報を提供するとしている。

不特定多数の人が集まる公共交通機関の代替移動手段としてタクシーを可能な限り安全・安心に利用できる環境を提供する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース