テスラの米工場、5月18日から生産再開へ…当局と合意

テスラのフリーモント工場
  • テスラのフリーモント工場
  • テスラのフリーモント工場
  • テスラのフリーモント工場

米国カリフォルニア州アラメダ郡の公衆衛生当局は5月12日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響で休止しているテスラのフリーモント工場の再開に関して、テスラと合意に達した、と発表した。

テスラのカリフォルニア州フリーモント工場は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、アラメダ郡当局の命令により、3月23日から生産を停止していた。カリフォルニア州では、新型コロナウイルスによる外出制限が部分的に緩和され、一部の工場では生産再開が認められた。しかし、フリーモント工場が位置するアラメダ郡は、外出制限を継続。アラメダ郡は、テスラのフリーモント工場の再開を認めていなかった。

アラメダ郡の公衆衛生当局は今回、テスラのフリーモント工場の再開に関して、テスラと合意に達したと発表した。これは、テスラが当局に対して、同工場の新型コロナウイルス感染拡大防止策を提出したことを受けたものだ。

アラメダ郡の公衆衛生当局は、テスラが提出した感染拡大防止策を精査。テスラが安全面でいくつかの追加の対策を施すことなどを条件に、テスラがフリーモント工場を再開することで合意した。

フリーモント工場の生産再開は、5月18日からとなる予定だ。アラメダ郡の公衆衛生当局は、「フリーモント警察と協力して、テスラが従業員の社会的距離を守っており、従業員の安全を確保するための健康と安全対策を施していることを確認していく」としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース