日本初のフードトラックのサブスク始動、頭金159万円と月額8万1000円で開業可能

日本初のフードトラックのサブスク始動、頭金159万円と月額8万1000円で開業可能
  • 日本初のフードトラックのサブスク始動、頭金159万円と月額8万1000円で開業可能
  • 日本初のフードトラックのサブスク始動、頭金159万円と月額8万1000円で開業可能

フードトラックプラットフォーム「TLUNCH」を展開するメロウは、新車フードトラックの5年間リース契約と各種保険をパッケージした、日本初の飲食事業者向けMaaSサブスクリプション「フードトラックONE」の提供を開始した。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、飲食店はこの先、従来通りの固定店舗ビジネスを継続することが難しくなっている。そんな中、テイクアウト、デリバリー、移動営業に対応できるフードトラックの需要が増す一方、いかにスピーディかつ最小限のリスクで開業できるかが求められている。

新サービスのフードトラックONEでは、全国230か所でフードトラックのランチスペースを展開するメロウと、創業から1500台のフードトラックを作り続けてきた製作会社あいあんクックの知見を合わせ、必要な機能と安全性を実現した完全新車のフードトラックモデルを提供する。

また、支払いは頭金159万円と月々8万1000円のみで、保険・車検もコミコミ定額という最小限のリスクで開業可能。さらに5年後のリース契約満了時には22万円+諸費用で車両を購入できる。同サービスではこのほか、開業準備期間には事業計画や店のコンセプトに関する相談に、開業後には営業に関する不安や疑問に答える完全サポート体制で経営をバックアップする。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース