日本精機、フェイスシールドを生産へ 新型コロナウイルス感染対策

フェイスシールドイメージ図
  • フェイスシールドイメージ図
  • フェイスシールドイメージ図

日本精機は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)対策への支援の一環として、同社グループが持つ金型、成形技術で培ったノウハウと設備を活用して飛沫防護マスク(フェイスシールド)を生産すると発表した。

新型コロナウイルス感染が拡大する中、医療現場や、スーパーなど接客販売の現場で必要とされるマスクは依然として不足していることに対応する。

同社と連結子会社エヌエスアドバンテックのそれぞれの生産拠点で1000セットを5月中旬から生産する予定。医療機関や販売サービス業など、感染拡大防止やライフライン維持の現場に無償提供する。

医療や販売の現場など、無償提供する1000セットの納入先は予定を達成したため、生産増加や一部販売について今後検討する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース