トヨタ自動車九州、地元医療機関にフェイスシールド2000個提供へ

フェイスシールド
  • フェイスシールド
  • フェイスシールドのフレーム(上)とシールドフィルム(下)

トヨタ自動車九州は、フェイスシールド2000個と取り換え用のシールドフィルム3万枚を社内で生産し、6月末までに宮若市を含む筑豊地域や宗像市、苅田町、北九州市など地域の医療機関や自治体に提供すると発表した。

トヨタグループでは、東日本大震災以来、被災地を支援する活動「ココロハコブプロジェクト」を展開。全国から「心を運ぶ」という気持ちを込めて、トヨタ自動車、トヨタ販売店およびその従業員が、継続的かつ長期的に支援活動を続けてきた。

今回、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断や治療にあたる医療現場を支援する取り組みをこの「ココロハコブプロジェクト」の一環として位置づけ、医療用フェイスシールドの生産に取り組んでおり、グループ各社の事業所が所在する地元医療機関や自治体に提供している。

同社は今後も新型コロナウイルス感染拡大の抑制や医療現場の支援に向けて、様々な側面から対策を検討し、迅速に取り組んでいく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース