視界不良、夏の新車商戦---新型コロナウイルス感染症拡大、緊急事態宣言でどうなる?

ホンダ・フィット
  • ホンダ・フィット
  • 三菱eKクロススペース
  • 『ザ・マイカー』6月号

『ザ・マイカー』6月号
発行:文友舎
定価:590円(本体536円+税)

「新車の購入ガイド」を自ら名乗る『ザ・マイカー』は6月号巻頭で、「夏商戦は視界不良でのスタート!?」と新車市場を分析する。もちろん新型コロナウイルスの影響だ。すでに2~3月の合算で販売台数は前年比マイナスを記録していたところだ。

緊急事態宣言が新車販売に与える影響は未知数だが、メーカーはすでに生産調整を行なっている。記事では、販売店にとってはバックオーダーの有無が実績を左右しそうだ、という。明るい(?)観測としては、リーマンショック前後で、2009年の売り上げは対2007年比で86%だった、という数字をあげている。

恒例の「国産全車アルバム」は「選んで間違いのないグレードはコレ!」。新型車解説はトヨタ『ハリアー』(6月発売予定)、ダイハツ『タフト』(6月発売予定)、三菱『eKクロススペース』など。

気になる見出し……●夏商戦は視界不良でのスタート●新車購入基本講座●立地別販売店対策●選んで間違いのないグレードはコレ!/ 国産全車アルバム●モデルチェンジ予想●ホンダ・新型フィットの販売状況『ザ・マイカー』6月号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連の書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介させていただきます。送り先「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース