コンチネンタル、売上高は11%減 2020年第1四半期暫定決算

コンチネンタル(Continental)は4月27日、2020年第1四半期(1~3月)の決算(暫定値)を発表した。

同社の発表によると、売上高は98億ユーロ(約1兆1380億円)。前年同期の110億ユーロに対して、11%減とマイナスに転じた。

98億ユーロの総売上高のうち、主力のオートモーティブテクノロジー部門の売上高は、41億ユーロ(約4760億円)。前年同期の47億ユーロに対して、12.8%減と2桁の落ち込みとなった。

また、タイヤなどのラバーテクノロジー部門の売上高は、40億ユーロ(約4645億円)。前年同期の44億ユーロに対して、9.1%減となった。

パワートレインテクノロジー部門の売上高は、18億ユーロ(約2090億円)。前年同期の20億ユーロに対して、10%減だった。

コンチネンタルは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大が続いているため、生産、サプライチェーン、需要へのさらなる悪影響の可能性を測定することは困難として、2020年通期(1~12月)の業績見通しを撤回している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース