ドライブレコーダー出荷実績…伸び率は低下、2019年度では3割増 2020年1-3月期

ドラレコの例
  • ドラレコの例
  • ドラレコの例

電子情報技術産業協会とドライブレコーダー協議会は4月21日、2020年1-3月期の会員メーカー各社のドライブレコーダー出荷実績を発表した。

出荷台数は前年同期比4.0%増の112万5135台となった。前年同期はあおり運転が社会問題化して販売が大幅に伸びて高水準だった反動や、新型コロナウイルスの感染拡大問題で新車市場が低迷したことなども影響したと見られ、伸び率は小幅だった。

内訳は運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計された業務用が14万8355台、主に事故の映像を記録することが目的のコンシューマー用が97万6778台だった。

2019年度(2019年4月~2020年3月)のドライブレコーダー出荷台数は前年度比31.8%増の483万9243台となり、過去最高となった。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ドライブレコーダーNAVITIME for auスマートパス、前方車両接近検知機能を提供開始 画像 ドライブレコーダーNAVITIME for auスマートパス、前方車両接近検知機能を提供開始
  • ドライブレコーダー、前年比27%増の177万台…2019年国内販売台数 画像 ドライブレコーダー、前年比27%増の177万台…2019年国内販売台数
  • あおり対策でドライブレコーダー出荷好調 10-12月期は4割増 画像 あおり対策でドライブレコーダー出荷好調 10-12月期は4割増
  • 完成検査制度の見直し---品質管理にコネクテッド技術の活用を検討 国交省検討会が中間とりまとめ 画像 完成検査制度の見直し---品質管理にコネクテッド技術の活用を検討 国交省検討会が中間とりまとめ

特集

おすすめのニュース